スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人少年の刑法犯摘発1087件、1・6倍に(読売新聞)

 昨年1年間に外国人の少年(14歳以上20歳未満)が刑法犯として摘発された件数は1087件で、前年(667件)の約1・6倍に上ったことが、警察庁のまとめでわかった。

 2002年以来7年ぶりの増加で、警察庁は「不景気による経済情勢の悪化などが影響している」と分析している。

 刑法犯の摘発件数のうち、車上狙いや空き巣などの窃盗犯が前年の399件から790件にほぼ倍増。全体の増加分の9割超が窃盗犯だった。摘発された人数はフィリピン人が最も多く、ブラジル人、中国人と続いた。

ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)
「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)
<住宅全焼>2人死亡…父と26歳長女か 埼玉・越谷(毎日新聞)
大型草食恐竜の新種化石=1億500万年前、米国で発見(時事通信)
元Jリーガーを釈放=任意で捜査継続-警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

「電子制御装置」に欠陥あるのか トヨタ車の急加速・急発進で疑念(J-CASTニュース)

 トヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)をめぐり、急浮上しているのが、「急加速・急発進が、電子制御装置(ETCS)に起因しているのではないか」という疑念だ。公聴会では、自動車の専門家が、ETCSが正しく稼働しない可能性を指摘し、急加速を体験した女性が「強欲なトヨタは恥を知れ」と涙ながらに発言。ところが、ここに来て、「女性が乗っていた車は、(女性が売却した)その後もトラブルなく走っている」という報道もあり、今後もETCSをめぐる議論は過熱しそうだ。

 トヨタ側が一貫して「欠陥はない」と主張してきたETCSだが、2010年2月23日に米下院エネルギー・商業委員会で行われた公聴会では、これに対する疑問が噴出した。

■車両を売却した後も、問題なく走行を続けている

 ETCSの欠陥が急加速につながったのではないかと疑っている一人が、公聴会で証言した、米南部テネシー州在住のロンダ・スミスさんだ。

 スミスさんは、06年10月、高級車「レクサスES350」で自宅近くの高速道路を走っていたところ、ブレーキが効かなくなり、時速160キロまで急加速。その時の様子を、

  「強欲なトヨタよ、職務を果たさなかった運輸省道路交通安全局(NHTSA)よ、恥を知りなさい」

などと涙ながらに振り返った。06年の不具合の時点では、NHTSAの調査では「床のゴムマットにアクセルペダルが引っかかったのが原因」と結論づけているが、スミス夫妻は、異常の直前に速度制御装置の表示が点滅したことを理由に「フロアマットの問題ではない」と反発を続けている。

 ところが、「フロアマット説」を示唆するかような報道もある。米ウォールストリート・ジャーナル紙は2月24日、NHTSA広報担当者の話として、スミスさんが車両を売却した後も、問題なく走行を続けているという話を伝えている。記事によると、スミスさんは、「死ぬかと思った」として、事故後に車両を売却。この時点での走行距離は3000マイル(4800キロ)未満だったが、その後の複数の所有者は、走行距離が27000マイル(43000キロ)に達した現在でも、何のトラブルもなく走らせているという。

■急発進・急加速は「トヨタ車が飛び抜けた数字だという訳ではない」

 コメント欄には、

  「多分(車両に)問題はなかった」

という、トヨタ側を擁護する声がある一方で、

  「車が危ないと思ったのならば、何故売ったのか」
  「車を売った相手に、議会で証言したのと同じことを言えるのか」

と、スミスさんを批判する声も目立つ。

 だが、ETCSの構造面での欠陥を指摘する声もある。

 前出の2月23日の公聴会では、証人として出席した南イリノイ大学のデービッド・ギルバート教授(自動車技術学)が、

  「『迷走した信号(stray signal)』が、安全装置を作動させたり、車両のコンピューターシステムに痕跡を残すことなく、システムを通過してしまうというシナリオを3時間半で再現できた」

と証言。この現象が必ずしも急加速につながる訳ではないことを強調しながらも、

  「他の問題が起こっても、検知されなくなっている可能性がある」

と、システムの安全面に疑問を呈している。

 国内にも、この問題は飛び火しており、前原誠司国交相は、2月24日、07年から09年までの3年間でトヨタ車の急発進・急加速・暴走について38件の苦情が寄せられていたことが明らかにしている。前原氏は「トヨタ車が飛び抜けた数字だという訳ではない」としながらも、「慎重に、その中身を精査する」と、調査を進める考えを明らかにした。

 前出のギルバート教授の指摘については、2月24日に監視・政府改革委員会の公聴会に出席した豊田章男社長は

  「(再現)テストの方法を教えていただきたい」

と述べ、米国側と情報交換しながら調査を進める意向だ。


■関連記事
問われる豊田章男社長の「資質」 公聴会の厳しい質問どう受け答え : 2010/02/23
若者の車離れ「自動車ゲーム」が原因 「トヨタ自動車幹部」発言に異論続々 : 2009/10/22
トヨタ米公聴会 社長は「乗り切った」のか : 2010/02/25
「プリウス問題」感覚ずれてるのは 利用者かトヨタか : 2010/02/05
「プリウス問題」感覚ずれてるのは 利用者かトヨタか : 2010/02/05

<地震>山口県で震度4=午前11時50分ごろ(毎日新聞)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
近畿大阪銀行が150人の顧客情報を紛失(産経新聞)
<世論調査>国会不信、若者の7割超す 総務省外郭団体(毎日新聞)
<津山市長選>宮地氏が初当選 岡山(毎日新聞)

民家火災で2人死亡=高齢の夫妻か-北海道(時事通信)

 21日午後4時ごろ、北海道旭川市江丹別町芳野の小林健蔵さん(83)方で火災があると、通行人から119番があった。火災現場からは2人の遺体が見つかった。小林さんと妻ルイ子さん(81)と連絡が取れておらず、道警旭川中央署は、2人が小林さん夫妻の可能性が高いとみて身元確認を進め、出火原因を調べている。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で3人死亡=小学生女児、父、祖母が犠牲

税制法案が審議入り=自公反発も本会議出席-衆院(時事通信)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
アパート火災、幼児2人重体=両親は外出中-宮城(時事通信)
参院京都で2人目擁立=民主府連(時事通信)
<訃報>門脇政夫さん98歳=「敬老の日」提唱者(毎日新聞)

血痕が点々1キロ…容疑者宅特定し退院後逮捕(読売新聞)

 静岡県警清水署は22日、静岡市清水区上、派遣社員山田直人容疑者(42)を建造物侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕した。発表によると、山田容疑者は20日午前0時半頃、同区内の病院の事務室に窓ガラスを割って侵入。室内を物色したが金品は見つからず、何もとらずに逃走した疑い。

 同日午前6時頃、事務室の窓ガラスが割れているのを病院の住居部分に住む女性が見つけて通報。駆けつけた同署員が事務室から血の跡が点々と残っているのを見つけて追跡し、約1キロ離れた山田容疑者の自宅を特定。山田容疑者の所在を探した結果、市内の病院に入院していることがわかり、22日午前に退院した山田容疑者に任意同行を求めて逮捕した。

 山田容疑者はマイナスドライバーで事務室の窓ガラスを割った際、左手の人さし指をガラスで切り、自宅に戻った後も出血が止まらなかったため、20日午前2時頃に自ら119番通報して病院に運ばれ、そのまま入院したという。山田容疑者は、「生活費に困ってやった」と話している。

<脱税容疑>クレディ・スイス元部長が1.3億円 国税告発(毎日新聞)
<訃報>藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
菅財務相、消費税論議の封印を改めて否定(産経新聞)
経産省、オバマ流でIT政策への意見募集(読売新聞)
万引き少年、1割増加=刑法犯全体は微減-警察庁(時事通信)
プロフィール

えびさわたいら

Author:えびさわたいら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。